授業案内

​授業

基本的には、こどもたち1人1人にこちらが課題をいくつか提示し、その中から選択し制作していくという形ですが、カリキュラム内やカリキュラム以外でも、自身のやりたい課題や、挑戦したい課題がある場合は、そちらの制作を進めていきます。

また、美術大学で習った授業も取り入れながら、絵、造形、どちらかに偏りのないよう指導をしていきます。絵を描くのがすきな子、造形するのがすきな子、その子のすきなもの、すきな時間も大切にしています。

​講評

アトリエぴーすでは、講評の時間も大切にしております。

その日の授業内でひとりずつ完成した作品について、がんばったところや、見どころを自分のことばで発表してもらいます。その後にみんなで感想や意見を出し合ったり、講師が講評を行います。お互いの作品をそれぞれが見て、ことばで聞いて、学んだり感じたり、ことばにしたりする時間は、美術制作においてとても重要だと考えています。講評の時間のなかには、また新しいものへの興味や発見、そして自由な表現へのきっかけがあると考えています。

©2019 by こどもアトリエぴーす. Proudly created with Wix.com